ナノサポート シクロカプセル化スムースUP

ナノサポート シクロカプセル化スムースUP

DHA、EPA、カルシウムを豊富に含むマグロ粉末(シクロカプセル化)により軟骨成分を補給できるのが「ナノサポート シクロカプセル化スムースUP」。これに加え、グルコサミン、コラーゲン、CoQ10包接体、ビタミンCの4種の栄養も配合され、軟骨成分のさらなる構築を促す、新しいタイプのサプリメントです。

特に高齢の方にとって、ひざ痛・腰痛などの関節痛は日々の生活にまさに大きく関わる問題です。ここでは、「諦めないで試して良かった!」というお客様の声のほんの一部をご紹介します。
(この「お客様の声」はあくまで商品を使われた方の感想をまとめたものであり、効果を証明するものではありません。)

ひざ痛  岡山県 西井国子様(65歳)

60歳を過ぎた頃からひざが痛みだし、2006年の7月、バスに乗り込んだとき左足のひざに強い痛みが走りました。鎮痛剤を飲んでも痛みが治まらず整形外科を受診すると、ひざをひねった痛みに加え、軟骨が磨り減ったことによる痛みがあり、後者の方が重大だと言われました。
その後、週に一回痛み止めの注射を打ち湿布を貼るようにしましたが、ひざ痛はよくなりませんでした。ひざに水がたまっていることもわかり、水抜きのため週に一回通院することになりました。
医師から手術を提案され思案していると、娘から「ナノサポートシクロカプセル化スムースUP」をすすめられました。飲み始めて2週間後には痛みが軽減して杖なしでも歩けるようになり、もう2週間経ったら鎮痛剤も不要になりました。もとのように動けるようになって、手術も通院も不要になりました。

腰痛  東京都 野口かつ子様(70歳)

実家が農家だったので、若いときからヘルニアがありました。結婚後も病院の仕事で重いものを持つことが多く、長年、整形外科に通っていました。
痛み止めの薬などを使っていましたが、ある時、整形外科のお医者様から「ナノサポートシクロカプセル化スムースUP」を勧められ、2007年の秋ごろから飲み始めました。今では、腰のベルトも必要なくなり、草むしりや雑巾がけをしても痛くありません。「スムースUP」は少し高いけれど、他のものを色々飲むよりもこれ一つでいいので、これからも飲み続けたいです。

ひざ痛  岡山県 難波恒子様(78歳)

50歳を過ぎて右ひざに痛みを感じるようになり、右足をかばっているうちに左ひざも痛むようになりました。年齢のせいだと我慢して農作業をしているうちに、どんどんひどくなって、ついには杖や押し車がないと歩けなくなってしまいました。
72歳のとき、あまりにひざ痛がひどくなったので整形外科を受診しました。変形性膝関節炎と診断され左ひざの手術をうけましたが、痛みはほとんどなくならず、右ひざの手術はやめました。
2008年の春ごろから次男の嫁にすすめられて「ナノサポートシクロカプセル化スムースUP」を飲んでいます。その年の夏を過ぎたころから知り合いに「歩き方がしっかりしてきた」と言われるようになり、確かにひざ痛が軽くなっているし、転びにくくなっていました。いまでは農作業も再開しています。本当にうれしいです。

股関節の痛み  岡山県 山崎範子様(57歳)

40歳を過ぎたころから、歩き過ぎた日や立ったり座ったりの多い日に股関節が痛むようになりました。
2、3日すると痛みはおさまっていたのですが、3年ほど前から立ったり座ったりすると股関節がカクンと音を立てて強い痛みを感じるようになり、整形外科に行きました。軟骨が磨り減っているのが原因だと医師から言われ、股関節に負担をかけないよう気をつけていましたが、常に股関節周辺がだるく、痛みは一向になくなりませんでした。
そこで、知人から勧められた「ナノサポートシクロカプセル化スムースUP」を2007年から飲み始めました。3ヶ月ほど飲み続けたら、立ち上がるときに起こる股関節の音や痛みが薄れてきて、さらにもう3ヶ月経ったら手すりにつかまらなくても階段を上がれるようになりました。だるさもとれて今では体をしっかり動かせます。

ひざ痛  愛媛県 青木稔子様(62歳)

娘の引越しの手伝いで左ひざを痛めました。腫れていたのですぐに整形外科に行き、痛み止めの注射を打ちましたが、痛みはひきませんでした。その後も週に2、3回整形外科で運動治療をしたり、針治療や漢方薬を試したりしてみましたが、ひざ痛はよくなるどころか悪化していきました。洋式トイレで立ち上がるのも一苦労で、ひざを90度まげることもできませんでした。
2008年の5月に友人に勧められて「ナノサポートシクロカプセル化スムースUP」を飲み始めると、2週間も経たないうちに洋式トイレで難なく立ち上がれるようになりました。さらに1ヶ月後にはひざを90度曲げることも出来るようになって、2ヶ月後にはひざに力をいれても痛くなくなりました。階段の上り下りもスムーズに出来るようになって、本当に助かっています。

首から右肩にかけての痛み  愛知県 伊藤妙子様(79歳)

歩けなくなった母の介護をはじめてから、上を向いたり、振り返ったり、横を向いたりするのがつらくなるようになりました。慣れない介護で首に負担をかけてしまったみたいです。首から右肩にかけての痛みが強かったので、すぐに整形外科を受診して注射を2本打ってもらいました。翌週にも、さらに1本打ちました。
雑誌の記事を読んで、グルコサミン、コラーゲン、CoQ10、ビタミンCを同時に摂ると関節痛に効果があると知り、リハビリに通いながら「ナノサポートシクロカプセル化スムースUP」を飲み始め、同時に起床後と就寝前の体操もするようにしました。「スムースUP」を飲むようになってから少しずつ痛みは和らいでいき、その年の7月頃には痛みがすっかり消えてびっくりしました。外出するのも怖くなくなり、介護も仕事も今まで通り、問題なくできるようになりました。

ひざ痛  徳島県 吉田待子様(57歳)

2007年頃、階段を降りるときや砂利の上を歩くときひざの上の部分が傷むようになりました。整形外科を受診してレントゲンを撮ってみても骨には異常が無く、貼り薬と痛み止めの薬を服用することになりました。
しかし、左ひざをかばっていたら右足も痛むようになり、柱や壁で体を支えないと立ち上がれなくなってしまいました。私はお寺で働いており、正座や掃除が出来なくなって本当に困りました。
その年の暮れ、グルコサミン、コラーゲン、CoQ10、ビタミンCの4つの栄養素がひざ痛改善に役立つと聞いて、「ナノサポートシクロカプセル化スムースUP」を飲みはじめました。飲みはじめて2ヶ月経つとひざの痛みがすっかり消えたので、安心して飲むのをやめたらひざ痛は再発。また飲み始めると1ヵ月後には痛みが全くでなくなりました。