シクロカプセル化について

Q1.シクロカプセル化って何ですか?

シクロカプセル化CoQ10

A.
シクロカプセル化(Cyclocapsulation)は、トウモロコシから生まれた「シクロデキストリン(環状オリゴ糖)」の機能を活用して、有効成分をナノ(分子)の単位で包み込む技術です。

Q2.ナノの大きさってどれくらいですか?

A.
ナノとは大きさの単位です。
1ナノは、100万分の1ミリメートル。(DNAと同じくらいの大きさです。)

Q3.なぜシクロカプセル化するのですか?

A.
体にとって有効な機能をもった成分にも弱点はあります。
脂溶性の成分は凝集してしまい、そのままでは体内にうまく吸収されません。
熱や酸素(酸化)に弱い成分、また、ビタミンCやEと一緒に配合することで壊れてしまう成分もあるのです。

せっかくの有効成分も、体内に吸収されなかったり壊れたりしては、その機能を発揮することができません。

シクロカプセル化は、有効な成分を安定させた状態で体の中にしっかり吸収させる為に必要な技術なのです。

Q4.シクロカプセル化したらどうなるの?

A.
一般のCoQ10(写真左) / シクロカプセル化したCoQ10(写真右)例えばCoQ10の場合、一般のCoQ10(写真左)は水に全くなじみませんが、シクロカプセル化したCoQ10(写真右)は、とてもよく水に分散しています。

これによって、体内への吸収性は飛躍的に向上します。
また熱や酸素(酸化)、ビタミンとの配合にも強く、とても安定した形で体内に取り込まれます。

Q5.安全な技術なのでしょうか?

A.
シクロデキストリンの原料となるデンプンはトウモロコシなどからつくられるため、人体にもやさしく安全です。

「シクロカプセル化技術」はグループ会社のシクロケム社と、独ワッカーケミー社が長年に渡る研究によって生み出したものです。

Q6.シクロケム社はどんな会社ですか?

A.
シクロケム社は米国ワッカーバイオケム社(現ワッカーケミカルコーポレーション社)のシクロデキストリンとその関連製品、及び独ワッカーケミー社のスペシャリティー・ファインケミカル製品を取り扱う日本総代理店として2002年7月に設立されました。

神戸に本社とシクロデキストリン応用ラボを設置し、様々なシクロデキストリン包接体製品や技術開発、及びビジネス開発に注力しています。

Q7.マークの意味を教えて下さい。

A.
マークの「C」は、シクロカプセル、シクロケム社、コサナの頭文字です。
有効成分を安定させて取り込んでいるイメージから生まれました。

シクロケム社

ページトップへ